image








自然の山林の中にぽつんとある美術館。



image





中へ入ると


館主さんと自分のみ。





しんと静まり返る
静寂空間。





物も音も最低限の場所にいるとき、


空間の力を強く意識させられます。






ここもまた、"空間"と対峙できる
貴重な場所でした。






お茶を飲んでたまにお話ししながら、
ただただ何もしないでくつろいで。


2時間ほど経っていて。 こうゆう時間が一番好きです。
何をしてたってわけでもなく、 気付くと時間が過ぎている感じ。

贅沢な時間。





まあでもこれも、時間に追われる日々の仕事の時間があるからこそ
思うことなのかも。