八窪章吾作の展示作品
八窪章吾作の展示作品
八窪章吾作の展示作品
八窪章吾作の展示作品





おはようございます。



水無月の人 展
6/6-6/21
開催中です。




- 本日の人 -


scene1
「水無月の少女」




今回の展示の代表作であり

主人公とも言える作品です。


先日の投稿で紹介した水無月の女と
対をなす人でもありますが、

この少女は
水無月の持つ、陽の部分を表す作品になります。


霧によって生まれる微かな色合い
朝露のように澄んだ透明な世界


そんな、繊細で無垢な希望を持った
少女のような像が
水無月に
よく馴染むなあと

感じました。


水無月の少女も水無月の女と同様
海碧と呼ばれるとても鮮やかな群青のような青を
混ぜています。

ただ、コバルトや雲母は使わず
あくまで石粉粘土の白と海碧のみで
できるだけ濁りのない水色に仕上げました。

水色といってもその色合いは
うっすらと感じられるほどで

特に、土を混ぜ合わせて、着色をせずに
できた無光沢な土感のある色質の為
光の弱い場所では白やグレーに見えます。

明るい自然光の中で澄んだ水色が顔を
出すのもなんだか素敵です。


水無月の別名 
宵待月。



宵が満ちることを
楽しみに
待っているかのよう。




ぜひ見てみてくださいね。
それではごゆっくり。









atelier dayもあと残すところ
2日のみとなりました。

もしも迷い検討くださっている方は
下の予約状況をご確認の上ご検討下さいませ。

____________________________________________


6/6-6/21 
「水無月の人」展
 WEB & atelier




atelier
509-7208 岐阜県恵那市笠置町姫栗716 atelier 



day 6/20.21  (午前: 10-13時 午後: 14-17時 
各部 定員3名様まで)
(途中退出、入場は可能です) 


完全予約制となりますので 
前日までにメッセージよりご連絡下さいませ。


※ ※ ※

◆ご予約状況◆

6/21日 午後 2名予約中

作品を見られたい方、作品と共に空間を感じたい方、ただ作品のお話を聞きたい方でも結構です^^