八窪章吾.

岐阜県恵那市で造形制作を行っています。 . オブジェを中心に感覚に語りかけるような . 作品をつくっています。 . HP hachikuboshogo.com

2017年01月

台作

またまた台作り。





縁を少し窪ませて。



縁を窪ませると、なんとなく立体感が出てるような出てないような。

イヤリングを乗せるとこんな感じ。


ピアスやイヤリング1組が綺麗に乗るサイズ。


アクセサリーって綺麗に収まる台ってなかなかないなぁと。
まあ、そもそも台の上に置いて飾られている人も少ないですね。


でも、ものも生き物と考えると、ものにも居場所や家があった方がいいのかなと思います。

お気に入りの子にはお家もこだわってあげると、いいなあと。



ではまた。

作品台






 チョキチョキチョキ。



生地の縁をカットして整えているころです。
この作業意外と嫌いではないです。ハサミで前髪を切り揃えてるみたいな感じ。


出来たら作品を載せて再撮影。





ウールなどの生地は立体感があって、

触った触感も良いです。


なんだか作品(自分の子)のお家を作ってるみたいです。


ではまた。

冬展 終




遅れてしまいましたが、

hagiさんにて行われていた冬展が終了しました。

今回で2回目の展示。
初めて知っていただいた方も、
何度か見ていただいている方も
見に来ていただいて、本当にありがとうございました。


写真はhagiさんで余韻を楽しむサンタです。  





次回は5月頃に豊田市美術館にて展示を予定していますので、そちらでお会いしましょう^ ^

新年


新年、あけましておめでとうございます。




みなさんは2016年、どのような年でしたか?また、2017年はどのような年にしたいでしょうか?


私にとっての2016年は"準備"という言葉を特に感じた年でした。
引越しや、制作環境の整理、制作道具、作品と空間のことや制作プロセス、考え方などなど。


限られた時間の中で、安定したモチベーションで、どれだけ良い作品をアウトプットしていけるか、当たり前のことですが、
制作方法、環境、もう一度真摯に向き合って環境を整えていった1年だったと思います。



そして、2017年は整った環境で、
相変わらずゆっくりとではありますが、
より表現を広げていける年になるかなと思います。


もっともっと、使う人の心が豊かになるような、五感に響くような不思議な作品
を作っていけたらと思います。



準備と環境の成果はまだまだあまり表(作品)に現れきていませんが、今年すこしずつそれをお見せできたらいいなと思っています。


取り急ぎ、現在出店の予定は
5月の豊田市美術館庭での「MUSEUM MARKET」になります。



それでは皆さま、今年もどうぞ宜しくお願いします。











ギャラリー
  • 素材の話(1)  特徴と使う理由
  • オブジェ
  • 白と青
  • 白と青
  • 白と青
  • 白と青
  • 白と青
  • 水無月の人 展 終了
  • 深海の人 〜水無月の人〜
  • 深海の人 〜水無月の人〜
  • ただ眺める 〜水無月の人〜
  • ただ眺める 〜水無月の人〜
  • ただ眺める 〜水無月の人〜
  • ただ眺める 〜水無月の人〜
  • 「水無月の人」展 最終週
  • 「水無月の人」展 最終週
  • 「水無月の人」展 最終週
  • 霧に包まれた世界
  • うつろう人 〜水無月の人〜
  • うつろう人 〜水無月の人〜
  • うつろう人 〜水無月の人〜
  • うつろう人 〜水無月の人〜
  • 水無月の少女 〜水無月の人〜
  • 水無月の少女 〜水無月の人〜
  • 水無月の少女 〜水無月の人〜
  • 水無月の少女 〜水無月の人〜
  • 風の人2  〜水無月の人〜
  • 風の人2  〜水無月の人〜
  • 風の人2  〜水無月の人〜
  • いのり  〜水無月の人〜
メッセージを書く
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。